便利な機械洗車のデメリット・メリット

最近はどこのガソリンスタンドでも機械で全部やってくれる洗車が増えていますよね?
セルフ式のガソリンスタンドにも導入され、人と話すのが面倒な方も気軽に使用できるようになりました。

もちろん、これは技術の進歩によるものですし、非常に便利になり、悪いことではありません。
しかし、機械でやってくれる洗車のハードルが下がるということは、機械で洗車するデメリットも知らないまま使用する人が増えるということでもあります。

一番のデメリットは小傷が無数に出来てしまうことです。
洗車機に使用されている布って意外と触ってみると固かったりします。
その布をあれだけ高速回転しながら車体に叩き付けているのですから、そりゃあ小傷もできるってものです。
最近は極力傷を付けないように設計されている物もありますが、それはそれで今度は汚れが落ちにくかったりするんです。いくら新車にコーティングを施工しておいても、そのような状態で傷がつかないわけでは無いと思います。

ボディコーティングを施工したら、それだけで安心せずに定期的なメンテナンスをおすすめします。

他にも突起物が多い車はその箇所を避ける必要があります。
もちろん破損させない為には仕方ないことなのですが、洗えないのなら何の為に洗車していることだか分かりませんよね?

洗車機の使用自体にも費用が発生しますし、手間はかかってしまいますが、やはり自分で洗車するのが一番経済的で、しっかり洗えます。車に愛着も沸きますし、自分で洗ったことのない方は一度試してみてください。

一番愛着のある新車のうちに色々と揃えて対策をしておくのも有効でしょうね。

なんて言っても新車納車の時の嬉しさや感動は何事にも変えられないものでしょう。

ですが、メリットもあります。GSなどの洗車を避けていると自分で洗うことになりますね!!
自分で洗うことを考えていると中々タイミングが合わずに洗車をするのをついつい面倒になってしまい。最近洗っていないよな~~ってことになることがしばしばあります。
洗車しないことによってのデメリットは意外と大きくなってしまいます。虫や鳥分、酸性雨など洗車しないことによって汚染物質がボディのいたずらをしてしまうのです。
そんな方には自分で洗車するよりも、GSなどの機械洗車もいたしかたがないでしょうね

洗わないよりは確実に洗ったほうがボディの状態にはとても良いと思いますよ!

PR|新車のコーティング|